読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GLOBAL ARK2017

2007年にableton liveを買い、テクノを作るようになった。
3ヶ月後に行われる自分達が企画した野外パーティーでライブをするために。
散々な出来だったけど、森の中に響き渡る自分だけの音は実に心地よく、自分が客として行きたくなるような野外パーティーにいつか出演したいなーと密かに思った。

それから10年。
今年は野外パーティーでライブさせてもらいます。

まず、GLOBAL ARK (グローバルアーク)2017

f:id:mushic:20170414004758p:plain

GLOBAL ARK 2017 グローバルアーク

2017.6.2(Fri) - 6.4(Sun)
八ヶ岳 美し森ロッジ
Gate Open 6/2 (Fri) 15:00 〜 Close 6/4 (Sun) 14:00

【 Wood Land 】ステージに出演させてもらいます。ありがとうshota。宜しくお願いしますグローバルアーク。錚々たる顔ぶれの中にクレジットされたmushicの文字を見ると、一介の田舎テクノミュージシャンとしては感慨深いものがありますが、その中でも思い入れのあるDJが1人。それを説明するには、僕とテクノの出会いまで遡ります。

 


元々ポップスやロックが好きなバンドマンで、ろくに弾けもしないのに生演奏こそ至高だと思っていて、高校生の頃に聴いたradioheadのOK computerを当時は受け入れられなかった。同級生に勧められた電気グルーヴも全然ピンとこなくて、むしろ無機質に聴こえるテクノや電子音は嫌いだった。

その後大学生になり、友達に誘われるがまま初めて行ったクラブは新宿。
大音量のテクノがかかる中で、サイバーでカラフルな人達が、ホイッスル吹きながら満面の笑みで踊ってた。踊り狂ってた。

まさにカルチャーショック。
もう、生演奏がどうとか、曲がどうとかじゃなくて、こんな世界・文化があるんだと。なんか文化としてすげーなーと感じるわけです。踊ったり喋ったり、とにかくみんな笑顔。そこから始まるクラブ漬けの日々。

田舎から都会に出てきた大学生のステレオタイプな大学デビューとしては満点な訳です。ゴアな服を買い、家でお香を焚くようになり、週末はクラブに通い・・・。

 

当時はyoutubesoundcloudSNSも無いから、家で聴くのはもっぱら友達が作ったMIX CDとMD。初めてもらったのは、DJをやってた先輩が作ったMIX MD。sandstormとか入ってた。はず。

その先輩とはサークルで知り合って、サッカーをやったり、イベントに誘ってもらったり、色々と可愛がってもらった。
2002年ワールドカップの日本戦のパブリックビューイング的なものを大学の構内で先輩達がやるっていうんで観に行き、ベルギーに先制されてすぐにトイレに行ったら先輩がいて、「いやー先制されちゃいましたねー」な会話をしている間に鈴木が同点ゴールを入れて見逃したってこともあった。

卒業後、先輩は東京で活動を続け、僕は静岡に戻り、疎遠になったけど、当時一番踊ったDJなのは間違いない。

イケイケを求めていた二十歳そこそこの僕に、渋ーいテクノのかっこよさを教えてくれた偉大なるDJ。

 

その先輩こそが、グローバルアークに出演するDJ MATSUNAMI氏。

ディープで上質なパーティーとして人気の「TRI-BUTE」を中心に活動しています。

 

matsunamiさんは、僕がいるなんて、ましてや同じ出演者だなんて思ってもいないだろうから、驚かせようと思うのです。

ちなみに、mushicはmushi(虫) + music(音)の造語で、音楽に聴こえたり雑音に聴こえたりするような音楽を作りたいなと思って名乗るようになったのだけど、matsunamiさんがやっていたパーティー「蟲の音」からも、インスピレーションを受けていたり受けていなかったり。

余談ですが、虫の鳴き声を「声」として認識するのは日本人とポリネシア人だけみたいですね。

 

 

神戸にポドルスキが来て、富士宮にはfunktion oneが来る

funktion one(ファンクションワン)

f:id:mushic:20170303043651j:plain

 

なんと甘美な響き。

クラブミュージックや音好きにとって、funktion oneというサウンドシステムは一種の媚薬。

 

蕎麦屋のカレー的な。

精肉店のコロッケ的な。

 

音が良いのはもちろん、その独特なフォルム。

一目でそれと分かるから、したり顔で、あ、funktion oneだ!って言いやすい。

 

その存在を知ってから10年以上、ずっと聴くだけだったけど、ついに、自分の音をfunktion oneから出せる日が!

 

aera fujinomiyaに、この3月funktion oneが導入されるようで、3月17日にテストを兼ねてライブさせてもらいます。

どこからもリンクを貼っていない放置してたブログで告知してもアレだけど。

 

2017年3月17日(金)21時~

場所:aera fujinomiya (富士宮市

https://www.facebook.com/AERA-609391239080566/

f:id:mushic:20170303032124j:plain

 

初めてライブをする場所でfunktion oneだったら、いつものようにしたり顔なはず。いい音だよね、で終わり。

だけど、何度もやらせてもらってるaeraなら、今までと比べて音がどう違うのか身をもって感じられるはず。楽しみ。

 

いつもお世話になっているaeraでは、過去のライブで何度もトラブルを発生させている。片側チャンネルだけ音が出なくなったり、音切れを起こしたり。止まったり。そのたびに、何が悪かったかをaeraの方々や当日のPAさんと話をして、同じトラブルを起こさないようにと心がけてはいるんだけど、自分の持ってきた機材以外の問題となると、原因を聞いても意味が分からないことがある。

どこまで知れば良いのかって線引きが難しいけど、僕みたいなライブする人も、DJも、もっと「音がどういう流れで出ているか」「どうすれば良い音が出るのか」を考えて、そのための知識を持つべきだと思う。

RA 特集「Low end theory : EQing kicks and bass」翻訳•意訳 : last galaxy elements

 

DJは基本的にマスタリングされた音源を使うから、周波数特性やら何やらって考える必要は無いけど。ただ、ミキサーのマスターボリュームを上げすぎないでおくれ、頼むから。

その点、DAWでライブをする場合、音作りの段階からライブ時のイコライジングまで気にかけないといけない。

自宅のヘッドフォンやモニタースピーカーではOKでも、いざ現場で鳴らすとひどいときはひどい。そんなときは、ある程度の知識が無いと咄嗟に改善はできない。

自分の前や後ろがDJだと、プロがミキシング・マスタリングした音源が比較対象になるから、いやでも粗が目立つ。

いつになったら自分の音に自信を持てるようになるんだろうって時々思うけど、どう鳴って欲しいかっていう理想が無いとダメですね。

今回、ファンクションワンで今までよりも良く聴こえたら、それが1つの指針になるよねってことで今からわくわくです。

 

これを機に、ファンクションワンが”どう”良いのかお勉強しようとしたけど、うん、難しいっすね。

とりあえず、フライヤーから察するに、resolution4って機種が入るんですかね。

 

よし、当日aeraに着いたら開口一番言ってやろう。

あ、funktion oneだ!じゃなくて

あ、resolution4だ!って。

 

したり顔で。

 

 

soundcloud.com

 

 

オーディオインターフェイスを使っていて、DAW以外の音が悪い場合の解決策(解決済み)

1月にライブで使ったケーブルをいまだに回収できてなくて、自宅モニタースピーカーから音が出ない。ここ一ヶ月ずっとヘッドフォンだけ使っていたら、問題が発生。

 

abletonからの音はキレイに聴こえるのに、youtubesoundcloudの音がちょっとザラついている。というかノイズが乗っている!

 

最初は”なんとなく”しか聴こえなかった(はず)なんだけど、1週間2週間経つと、結構大きく聴こえる。ように思えてくる。そうするともうダメ。気になってしょうがないので、原因を考えた。

・気のせい → 気のせいじゃない

・ヘッドフォンの接続の問題 → クリーニングしても変わらず

・音源のせい → youtubeでもサンクラでも、何を聴いても同じ

・ヘッドフォンの調子が悪い → abletonの音にはノイズは乗らない

 

--------------------------------------------------------------------------------------------

なお、仕様は下記の通り。

パソコン:MacBook Pro (Retina, 15-inch, Late 2013) Core-i7、メモリ16GB

OS:Windows7 professional (bootcampにて使用)

オーディオインターフェイスnative instruments audio kontrol1

ヘッドフォン:AKG K172 HD

DAWAbleton Live 9.7

--------------------------------------------------------------------------------------------

 

先に結論

windowsのコンパネ→サウンド→audio kontrol1のデバイスのプロパティ→詳細タブにて「2チャネル 24bit 48000Hz(スタジオの音質) 」を選択して解決。(変更前は16bit 44100Hz(CDの音質)でした。)

 

あーすっきりした。

ずっと右耳だけから聴こえるノイズって、精神衛生上とっても良くない。

いくらモグワイ好きといえども無理。

 

一番最初に疑ったのはヘッドフォンだけど、abletonからの音にノイズは乗らないので、オーディオインターフェイスを疑う。でもドライバーは最新。じゃあ設定か?ということで、オーディオインターフェイスの音質設定を確認。

ここで何も考えずに開いたのがaudio kontrol1のコントロールパネル(windowsのコンパネじゃなくて、すべてのプログラム→native instrumentsフォルダにいたやつ)。

変更できる項目は3つ。

・サンプルレート

・プロセスバッファ

・USBバッファ

 

・・・あー、分かったふりして適当に設定したまんまのところだ。

僕は基本的に論理的に考えるのが好きなくせに、めんどくさいとこは直感で行くタイプです。初期設定時は「レイテンシーが下がればいいや」と適当に設定してました。

余談ですが、下記サイトの図が分かりやすかった。

サンプリングレートとビットレートの基本を知っておこう|DTM大作戦!初心者の為のDTM講座

 

まず、サンプルレート。

ここは48000Hzに設定されている。これは分かる、サンプルレートは高いほど良いはず。そして、CDの音質が44100Hz(44.1kHz)なのも知ってる!

 

次に、プロセスバッファ。

これはアレでしょ、バッファサイズでしょ。・・・どうすれば良いんだっけ。。。

とりあえず、256samplesになっている。ここが大きいとレイテンシーが大きくなるから、そのまま。

 

そして、USBバッファ。

うん、分からないよ。1msになっているからそのままにしよう。

 

上記設定を確認したところでふと考えた。

 

ここらへんの設定がいつのまにか変わってしまって音質が悪くなってるんじゃない?

もしかして、音質を上げたら(戻したら)ノイズ消えるんじゃね?

 

早速このアイディアを検証すべく

サンプルレートを 48000Hz → 96000Hz 

倍ですよ、倍。

 

設定変更してabletonをいじる。

おー音が良い!・・・気がする。

だけど、再生ボタンをポチッとすると一瞬ノイズ。。。

あれ?

 

もう一度。

と、その前に気づく。

再生していないのに、CPU使用率が35%超え!

再生すると瞬間的に80%以上に達してノイズが発生。

いやーこれは無いわ。

 

abletonを使ってライブをするために高性能(core i7、メモリ16GB)のマシンにしたんですが、そのおかげで、ライブ時に100トラック以上あるセットを立ち上げて操作してもCPU使用率が70%を超えることが無かったのに、たかが20トラックのセットの再生をしただけでノイズが乗るとは!

 

そこで再度オーディオインターフェイスの設定画面に戻り、サンプルレートを見直し。

96000Hzと48000Hzの間の88200Hzを選択。

でもね、ちょっと思ったんですよ、88200Hzなんて半端な数字に設定した記憶は無いと。でも背に腹は代えられないというか、もう「音質を良くしなければ!」という脅迫観念にかられていますからね。自分を騙しますよ。「こうだったはずだ」と。

 

88200Hzにて再度abletonを再生。

おー音が良い!・・・気がやっぱりする。

そして気になるCPU使用率を確認。70%台まで行くが、ノイズは乗らず。モッサリすることも無い。

だけどさー、いままで70%台になったことないじゃん。

あと、再生してないときは20%台だったじゃん。なんで30%なの?

って思うけど、思わないふり。これで良いんだという正常化バイアス全開。

 

そしていざ、youtube再生!

 

おー

 

おー

 

ノイズが消えた!

 

なんと!

 

やっぱりこれでよかったんだ。設定が変わっていたのかと一息。

 

abletonからもブラウザからもクリアーな音が聴こえる!

 

 

が、しかし。

どうにも気になるCPU使用率

待機時で約30%。再生開始時に一瞬70%台。

う~ん、許容範囲なような、じゃないような。

ちなみに正常なときは、待機時で25%以下。高負荷時でも60%台。

今までこの数字でやってきたから、安心してライブで使えていたのに。

 

abletonCPU使用率を下げるか、きれいな音でyoutubeアンジュルムを観るか。

 

当然前者を優先。

いろいろいじった挙句、オーディオインターフェイスの設定を48000Hz、256samplesに戻す。

やっぱりブラウザ再生の音にはノイズが乗ってるがしょうがない。

 

あきらめた瞬間に気がつく。

あ、windowsのコンパネさわってない!

コンパネからサウンド→audio kontrol1のデバイスのプロパティ→詳細タブを開くと、あった!音質の選択箇所。

16bit 44100Hz(CDの音質)になっている。

試しに「2チャネル 24bit 48000Hz(スタジオの音質) 」を選択してみる。

 

!直った!

 

設定をいじった記憶は無い。

そもそも16bit 44100Hzが音悪いはずもなく(だってCDの音質だもの)、オーディオインターフェイスの設定に合わせないとこんな現象が起こるのかは不明だけど、無事に直って何よりです。

 

 

こういうトラブルって、みなさんどうしてるんでしょ。

まずは自分の知識フル回転で直し、分からなければ調べるってのが当然の鉄則なのですが、この「調べる」ってのが厄介。

モノやコトを知りたいときと違って、抽象的にならざるを得ない。

今回の件で調べたときに使ったキーワードは、

オーディオインターフェイス,音質,ノイズ,youtubeだけ,ブラウザだけ,音が悪い,ableton,ableton live,ヘッドフォン,

 

出てくるのはabletonに合うオーディオインターフェイスの情報ばかり。

調べるのが下手って言ったらそれまでなんだけど、曲がりなりにも10年仕事でネット・パソコンに携わってる身からすれば、他の人はもっと調べるの下手だろって思っちゃう。

なので、いつか、どこかの、誰かの参考になればと思って久しぶりにブログを書く。