【iLok】iLok license managerのエラーでVSTが起動しない件(半分解決)

11月11日(土)~12日(日)、feeeling 2周年パーティー、主催者・出演者・ご来場の皆様、おつかれさまでした。
極寒の中、笑顔が多いナイスパーティーでした。

 

トップバッターとして4時20分! からの1時間をいただき、気持ち良くやらせてもらいました。録音してびっくり、60分ピッタリ!

soundcloud.com

 

夜中に焚き火で暖を取っていたところ、隣に座った人から「ライブは面白い音だったけど、ルーツが分からない」という話をされました。ネガティブな意味では無いとのことだったのですが、ですが、心に残ってしょうがない。
だって「ルーツが分からない」ってのは、福山雅治の音楽を評して言う言葉じゃないですか。
※そう言ったのは近田春夫で「これだけ音楽的バックボーンが見えないシンガーソングライターも珍しい」と言ったようだけど、他所では褒めたりもしてるので貶めてる意味ではないのかも。福山はああいう音楽で近田春夫はああいう音楽だから、てっきり悪い意味で言ってるのかと思ってた。

 

実際自分の音楽のルーツって何なのかって考えると難しい。
テクノ好きだし、テクノ作ってるけど、名前を挙げるほど好きなアーティストって限られてる。
新譜が出れば買って、ライブがあれば見に行くのはMOGWAInathan fakeくらいです。

 

MOGWAI

MOGWAIを知ったのは20歳を過ぎた頃。wowowフジロック特集でライブ映像が流れていた。曲名は「mogwai fear satan」。ブラウン管のしょぼいテレビで音も酷かったのに、衝撃を受けた。
MOGWAIを表現するときに良く言われる「静と動」は、この曲に集約されるだろうというライブの定番曲。静の部分から一瞬で轟音の壁が訪れるあの瞬間は唯一無二。心臓麻痺による死人が出たという都市伝説がないのが不思議なくらい暴力的。なのに美しい。
ヘッドホンで大音量でどうぞ。

 

MOGWAIを知った翌年、なんと朝霧Jamに来ると知り、地元富士宮で初めてライブを観た。
観るとか聴くとかじゃなかった。幻想的な霧の中、激しくも美しい音の塊を浴びた。fear satanは演らなかったけど、もう1つの定番曲helicon1は素晴らしく、今でも世界で一番美しい曲だと思ってる。


エレキギターzo-3しか持ってないのに、いつかこんな音を出したいと思った。
ギターは勿論好きだしキーボードも好きだけど、MOGWAIはドラムが良い。ミニマルなのに口ずさめるほど印象的なフレーズを繰り出すドラムは、テクノに通じる。世界で一番好きなドラム。

 

ちなみに、あの轟音ギターのセッティングはこうなっているabletonでギターのVSTを使って、同じようなエフェクターをかませると、MOGWAIサウンドが再現可能。
テクノとの相性も良いので、ライブで多用しています。

 

 

nathan fake

MOGWAIを朝霧で見たのが2004年。あんな音が出したいとは思ったものの、思っただけで過ごしていた2006年。taicoclubnathan fakeを見た。
パソコンを数回フリーズさせてライブ中止。ズコーってなった。
だけど、パソコンを使ってライブでやる人を初めて認識した。
さらに、テクノなのに、MOGWAIが好きなのが前面に出てる感じが新鮮だった。
ファーストアルバムは思いのほかエレクトロニカ
名曲「You Are Here」は3拍子で牧歌的。

なのに、ライブだと4つ打ちで変態的。


こんなテクノもあるんだと思い、早速パソコンを新調してabletonを買う。

 

 

なお僕はクリスマスが苦手で、定番のクリスマスソングや街のイルミネーションも毛嫌いしているんですが、この曲は毎年聴いてしまう。


 

 

ルーツを書いていて思い出した余談。
テクノのCDって10枚あるか無いかぐらいしか持っていないのですが、初めて買ったのはyoji biomehanicaでした。ニューエナジー(笑)

 

 

 

さて、本題です。
悪名高きiLokのアクティベートが上手く認識・認証されないというエラーが発生した件。半分解決。

OS:Windows7 Home Premium
DAW: ableton live 9
VST:hybrid3,twist

 

ライブ前日に、仕込みをしようとabletonを立ち上げると、VSTの読み込みエラー。
読み込めなかったのは hybrid3 と twist。
僕の持ってるVSTの中で、この2つだけがiLokを使ってアクティベートしているVSTです。(iLokの端末は持ってません)

出てきたエラーは License Verification Error

f:id:mushic:20171117183104j:plain

意訳すると

「ハードウェアに変更があったから、このソフトは立ち上げられない。iLok License Managerをダウンロードして使え。それでも直らないなら、FAQを読んで他の方法を探せ」

 

えーっと、iLok License Managerはインストールしてあるんですが。。。
(ちなみに、iLok License Managerがインストールされていない or 動作していないときは、上記エラーとは別の「activation error 」が出る)

 

FAQを読めと書いてあるのでiLokのサイトでよくある質問を読む。

https://www.ilok.com/?page=RMA#!faq

案の定、該当するエラーが無い。FAQだけに、まさにファッキュー。

大概、公式サイトってのは当てにならないものです。
気を取り直してググる

 

よく出てきた解決策がこれ。

iLok License Managerがエラーで起動しない時の対処法(ほぼ丸投げ): 音楽素材屋 MoppySound

要は、windows立ち上げたときにlicense managerが立ち上がっていないから、サービスを開いて手動でlicense managerを開始させましょう。開始させるサービスの名前は「PACE LICENSE SERVICE」ですよ。ということ。
そもそも自分のケースとはエラーの種類が違うので期待はしてなかったけど、念のため確認すると「開始」になっている。
同じ「サービス」の中に「bonjour サービス」ってのがあって、それが「開始」になっていないこともあると他のサイトにあったので念のため確認したけど、やっぱり「開始」になっている。
念には念を入れて、PACE LICENSE SERVICEを一旦停止させて再度開始させてみるけど変化無し。

 

hybridを導入して約2年、エラーなんて起きなかったから、iLok license managerなんて一切触ってなかったので正常時との違いが分からない。
とりあえず一通りステータスを確認してみる。

 

f:id:mushic:20171120211327p:plain

activeになってるし問題なさそう。

 

次にやったのは、hybrid(ついでにtwistも)の再インストール。
他のVSTは、DLLをプラグインフォルダに突っ込むだけだけど、hybridとtwistはインストーラーを使ってインストールするタイプだったので、コントロールパネルの「プログラムと機能」 を開いて、アンインストール。

導入時のインストーラーを残してあったので、それを使って再インストールしてからableton liveを立ち上げて再度プラグインをスキャン。
※ただし、一度スキャンに失敗すると、次回スキャンしたときにabletonはスキャンをスキップするみたい。そのときは、DLLの名前を hybrid_x64.dll → hybrid.dll のように変更する。
それからプラグインフォルダを再度スキャン。
やはり同じエラー「license verification error」が表示される。

 

しょうがない、次の手です。
hybridを最新版に更新。
インストールしていたのはhybrid 3.0.5だったのですが、公式サイトに3.0.7があったので、一度3.0.5をアンインストールしてから3.0.7をインストール。
同じエラーが表示される。

 

もう、ここら辺からムキになる。

 

次にやったのは、license managerを最新版に更新。
やはり公式サイトにあるwindows 64bit用をダウンロード。
既存のlicense managerをアンインストールしてから。
やっぱりダメ。

 

 

 

そんな作業をしたのが夜。
その夜は諦めて翌日サポートに電話してみる。
このVSTakai professionalのAPC40 Mk2を買った際に付いてきたやつなので、電話をした先はakai
やる気のなさそうなサポート担当に繋がり、状況を伝えると「hybridとlicense managerの再インストール」をやるように言われる。
もうやった旨を伝えるとエラーの詳細を教えて欲しいと言われたので、口頭で「ライセンス ベリフィケーション エラー」と言うと、完全に初めて聞いた感じの反応。復唱できていない。失礼だけど、あーこの人じゃ無理だなと感じる。
確認して折り返すと言うので、期待せずに待つこと数十分。
「コンパネからサービスを開いて・・・」って言い始めたので、かぶせ気味に「それもやりました」と。

その後は、スクリーンショットを送るためにメールでのやり取りに移行。担当さんの名誉のために言うと、思ったより早く返事は来るんです。そもそもakaiが作ったソフトではないし。hybridもiLokも。

「再インストールしてください」という予想以上に想定通りな内容のメールの受信と前後して、下記の記述をiLok公式サイトで見つける。

Beginning with Version 3.1.3 of License Support, which includes the iLok License Manager application and the drivers and services required to authorize iLok-protected software, Windows 7 must have specific updates already installed prior to running the License Support installer. If the correct update is not installed, the following error message is seen:

 

Your Windows system needs updates to run this software.
Please use Windows Update to install all Important Updates, then run this installer again.

 

Please use the following steps to check for the specific Windows 7 update that is required:

  1. Click on the Start button and go to Control Panel.
  2. Go to Programs and Features to the Uninstall section (Note: you will not be uninstalling anything).
  3. In the left column, click on the option that says View Installed Updates.
  4. Look through the Microsoft Windows updates for either update KB3125574 or update KB3033929

If you do not have KB3125574 or KB3033929 then you will need to download the KB3125574 update from Microsoft's website https://support.microsoft.com/en-us/kb/3125574 and install it.

要するに、バージョン3.1.3以降のlicense support(iLok License Managerのこと)をインストールする際に上記太文字部分のようなエラーが出る場合には、windows updateのKB3125574とKB3033929を適用してから再度インストールしろよ。ということ。
実際にはそんなエラーは出なかったんだけど、念のためと思い止めていたwindows updateを適用。上記2つだけでなく、重要な更新は全て適用してから再度プラグインフォルダをスキャン。
が、やっぱりだめ。
もうやけくそです。windows updateを適用したので、もう一回「hybridのインストールし直し」と「license managerのインストールし直し」をやると、なんと、なんと、

 

hybrid起動!!

 

 

ついに!解決!
かと思いきや、念のため再起動すると、もうだめぽ
やっぱりまたもや同じエラー。

 

さすがにイライラしますよね。
海外のフォーラム読み漁って、何とか、何とか解決方法は無いかと探すんだけど、そもそもこの「license verification error」自体、他のエラーに比べて事例が少ないっぽい。
このエラーが起きた人は、解決方法がアナウンスされないことに、そしてiLokというクソツールを使うメーカーにことごとくキレてる。

特に↓のリンクのpsychasmという人の時を経るごとにエスカレートしていく切れっぷりは笑える。

 

 

 

ここまで探しても明確な解決方法が無い(一回正常に戻った理由も分からない)ので、諦めます。

苦肉の策として、下記方法で対処したことを書いておきます。

 

hybridは、protools用、32bit版、64bit版の三種類があり、インストール時にそれぞれをインストールするかどうか選びます。
ずっと64bit版だけを入れて失敗していましたが、試しに32bit版をインストールして、jbridgeで64bit化。
それをabletonでスキャンしたら、無事にアクティベート完了!

hybridを使っていたabletonファイルを立ち上げると、自動で置換して、動作も問題なし。

持ってて良かったjbridge。やってて良かった公文式

 


 

ネイティブな64bit版と32bit版を64bit環境で使えるようにしたVSTだと、何がどれくらい違うんでしょうね。

 

ほんとにiLokはコリゴリ。